• CONTACT
  • MENU
Masayuki Yoshida

吉田 真之

情報システム営業部(2017年入社)/中途採用

吉田 真之

 

情報システム営業部(2017年入社)/中途採用

入社のきっかけ

どなたも気兼ねなく質問や相談ができる人たちばかりなので本当に助かっています。

私は前職で置き薬の訪問販売をしており、営業職を志望して中途採用でアプロ通信に入社しました。会社を知ったきっかけは岐阜市が開催していた転職者向けの合同企業説明会です。この時に事業内容などを詳しくお聞きし、興味を持ったのが入社を決めた一番の理由です。

入社前は電気関係の知識が全くなかったため不安もありましたが、入社後は周りの先輩たちに聞きながら少しずつ知識を学んでいきました。どなたも気兼ねなく質問や相談ができる人たちばかりなので本当に助かっています。
入社してみて意外だったのは研修内容です。営業職として入社したにも関わらず、現場管理や修理も経験するとは思いませんでした。おかげで当社の仕事をより深く知ることができてとても良かったです。

仕事内容について

現在は情報システム営業部の一員として、市役所などの官公庁に対して、弱電関係の設備の更新や新規商材の提案などを行っています。

現在は情報システム営業部の一員として、市役所などの官公庁に対して、弱電関係の設備の更新や新規商材の提案などを行っています。また、予算が取れた時の入札用の仕様書の作成なども担当しています。

この仕事が面白いのは、自分で提案したものを受注し、完成を見届けられること。他の仕事ではなかなか経験できない達成感が味わえると思います。ただ、本当に多岐にわたる商材を取り扱うため、製品の仕様や特徴を覚えるのは大変……。今でも勉強の毎日です。
これまで一番大変だったのは、とある工場の放送設備更新のシステムを受注した時です。お客様の要望にお応えできる既存の機械がなく、特注で一から作り上げることになりました。予算の壁もあるなかで、社内だけでなくメーカー様や協力会社様にも協力を仰ぎ、結果的に満足していただけるシステムを提供することができてとても嬉しかったのを覚えています。

今後の目標について

入社を考えている方へのメッセージ

今後の目標は、現在担当する自治体向けだけでなく、設計事務所や電気会社への営業も担当することです。設備だけでなくソリューションも付随した製品の発掘と提案を行い、より幅広い商材を通じてより多くのお客様のお役に立ちたいと思います。普段、地域の皆さんが利用している施設の設備は、当社で施工したものかもしれません。一見すると地味かもしれませんが、皆様の日々の生活を支えていることが何よりの自慢ですね。
入社するにあたっては、電気や情報設備の知識がなくても全く問題ありません。先輩や上司、協力会社様、メーカー様が親身に教えてくれます。仕事を楽しくできるかどうかは個人のやる気次第だと思いますね。

主な1日の流れ

  • 07:45 メールチェック
  • 08:20 ラジオ体操
  • 09:00 営業資料などの作成
  • 12:00 昼休憩
  • 13:00 現場の調査・確認
  • 15:00 各自治体への提案営業や打ち合わせ
  • 17:00 見積書・提案資料の作成
  • 19:00 帰宅